施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

新聞社とテレビ局の関係



ここでは、テレビ局の成り立ちにも大きく関わる、新聞社とテレビ局の関係についてご紹介します。

新聞からテレビへの変遷と放送・電波法

新聞からテレビへの変遷と放送・電波法

新聞社とテレビ局は歴史的な観点から見ると、新聞社から派生してテレビ局が登場したという構図になります。ラジオが誕生する以前は、「放送」という言葉はなく、ニュースは新聞を通じて「読むもの」でした。その後、大正14年に初めてラジオ放送が始まり、日本でも普及すると、新聞社の多くが独自のラジオ中継を始めます。昭和になるとラジオ局であるラジオ東京がテレビ放送を始めるなど、ラジオ局や新聞社などのメディア会社が出資するなどしてテレビ局が生まれてきたという歴史があります。

こうした公共電波を整理するため、昭和25年に「電波法」「放送法」という法律が整備されました。放送法と電波法では、「放送局を含む全ての無線局の免許、設備、従事者、運用、監督などについて規定」しています。電波法や放送法は、衛星放送の始まりや地上デジタル放送など、新しい放送がスタートされるごとに見直しや改正が順次行なわれています。

ニュース系列と全国紙

ニュース系列と全国紙

新聞社とテレビ局がグループ企業に思われることがありますが、原則的に新聞社とテレビ局は別会社という扱いになります。ただし、テレビ局と新聞社は提携会社や協力会社という関係性にあり、各テレビ局のニュース系列と全国紙との結びつきは強くなっています。

例えば、日本テレビ系列による「NNN」は開局当時より読売新聞との関係が強く、日本テレビと読売テレビは読売新聞グループ会社となっています。NNNのネットワークは北海道から鹿児島まで全国30局が加盟しています。テレビ朝日系列の「ANN」はローカル局を含め全局が朝日新聞社の関係会社となります。一方、TBSテレビ系列の「JNN」は、現在は業務上の関係は強いつながりがあるものの、毎日新聞との資本関係はほとんどなく、各々独立した状態です。フジテレビジョン系列の「FNN」の場合は、親会社である「フジ・メディア・ホールディングス」が産経新聞社の大株主で、報道関係で互いに協力をしています。テレビ東京系列の「TXN」は日本経済新聞社との提携関係にあります。また、この5大ニュース・ネットワークは、すべてが全国紙との関係性が強いというわけではなく、例えばFNN系列の東海テレビ(愛知県)は中日新聞との結びつきが深いなど、地方局によっては地方紙との結びつきが強いテレビ局もあります。こうしたニュース系列は1960年代後半から1970年代前半を中心に形成されていきました。

また、NHKは公共放送であり、かつ47都道府県に支局をもっていることから、民放の5大ニュース・ネットワークおよび新聞社との関係もなく、独立した報道体制を持っています。