施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

テレビの政見放送とは?



ここでは、選挙前に見られる政見放送についてご紹介します。

政見(せいけん)放送とは

政見(せいけん)放送とは

日本国内の選挙では、立候補した候補者や政党がテレビやラジオを通じて、主義・主張・公約などを訴えることのできる「政見放送」という放送番組を流すことがあります。政見放送が放送されるのは、国会議員選挙または都道府県知事選挙の時で、選挙運動期間中に放送されます。NHKおよび民間放送各局で放送されますが、民放ではあまり放送されることはなく、放送される時間帯も深夜・早朝となることがほとんどで、多くは公共放送であるNHKが放送しています。

2012年の衆議院選挙においては、国政政党が14にも上り、候補者がたくさん出演したため、政見放送時間が過去最長となりました。

政見放送の意義

政見放送の意義

なぜ、政見放送を流す必要があるのかといえば、国会議員選挙や都道府県知事選挙という選挙は大規模であるため、有権者がなかなかすべての候補者の演説を聞くことができない場合があるからです。そのためテレビというマスメディアを利用して1人でも多くの人に候補者の演説を聞いてもらうというのがその趣旨です。また、放送法においても、「健全な民主主義の発達に資する」というのが明記されているので、政見放送は、とても重要なテレビ局の役割の1つということが言えます。

放送エリアと放送期間

放送エリアと放送期間

放送される地域は、選挙の形態によって変わります。例えば、参議院比例代表選挙の場合には全国同一で放送されますが、衆議院比例代表選挙の場合はブロック別に放送されます。また衆議院小選挙区選挙と参議院選挙区選挙が行なわれる場合には、都道府県別に放送されています。

放送期間は、選挙公示日の2日後から投票日の2日前に放送されます。

政見放送の中身

政見放送の中身

政見放送では、公職選挙法に基づいて行なわれています。そのため、政見放送の中で候補者らが演説する内容や発言について、テレビ局が規制したり編集したりすることが原則できないことになっています。そのため、放送上問題となる発言が起こりうる場合がありますが、政見放送ではテレビ局側がその責任を負うことはありません。

また、政見放送の内容がYoutubeなどの動画共有サービスにアップロードされる場合がありますが、これはネット選挙が解禁になった今でも著作権の観点から違法となります。そのため、支持する政党や候補者を応援したいと思い、テレビで流れる政見放送の内容を録画し、Youtubeなどに投稿するとこれまで通り罰せられる可能性があります。