ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

テレビ局特有の部署や仕事「報道部」



ここでは、テレビ局における報道部の仕事について紹介します。

報道部を支える報道記者

報道部を支える報道記者

テレビ局における報道部の仕事は、世の中で起こった事件や事故、または災害といったさまざまなニュースを取材し、放送することが主な仕事です。報道部の中で主役となるのが、「報道記者」と呼ばれる職業の人たちです。報道記者には、政治部、社会部、経済部といったさまざまな分野の担当に振り分けられており、おのおのその分野に特化して取材を行ない、原稿を作成しています。報道記者には、外勤で取材を中心とする取材記者と内勤でニュースを編集する編集記者とに分かれます。取材記者は、テレビ局によっては取材や原稿を執筆するだけでなく、映像編集やナレーションも担当することがあり、重大事件などの生中継では現場から解説やインタビューを行なうので、番組に出演する場合も多々あります。

特に予測不能な自然災害や事故などが発生した場合には、昼夜を問わず、現場に急行しなければいけないほか、大きな事件が起きた場合には、何日間も現場に張り付いて取材をする場合もあります。また、報道記者は国内に留まらず、海外特派員としてテレビ局の海外支局に派遣される場合もあります。

また、報道記者と同様に報道カメラマンも記者に同行して取材を行ないます。報道番組やニュース番組における映像の取材や編集を行ない、時には、リポーターの役目を兼務する場合もあります。

世の中の最新情報が集まる報道局

世の中の最新情報が集まる報道局

取材などが主な仕事となる現場型の役割を担っている「報道部」とは異なり、ニュース番組や情報番組の制作を始め、さまざまな通信社や情報提供者からのニュースソースを集中管理する「センター」としての役割を担っているのが「報道局」です。また通常の番組とは分けて、報道スタジオや報道フロアなど他部署とは異なる専用の設備があるのも「報道局・報道部」の特徴です。テレビ局では概ね朝・昼・夕・夜にニュースまたは報道番組を放送しています。さまざまなニュースはオンタイムで放送しなければならないため、多くのテレビ局の報道局では、朝・昼・夜の1日3回、編集会議を開いています。編集会議には番組のディレクターや報道部のデスクが、ニュースのネタの優先順位や取材体制、取材の方向性などについて話し合いをして、番組の内容などを決定していきます。そのため、報道局で働く職員は基本的には1日3回の交代制で働いています。

また、2011年に起きた東日本大震災のような大規模な自然災害や、2001年ニューヨークで起きた9.11テロのような大事件などの場合には、24時間体制で取材や番組制作を行ないます。