施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

テレビ局特有の部署や仕事「編成部」



ここでは、テレビ局の中枢である編成部の仕事について紹介します。

テレビ局の中枢、編成部

テレビ局の中枢、編成部

新聞や雑誌に掲載されている番組表(ラ・テ欄と呼ばれます)。この番組表を決めているのが各テレビ局の編成部です。編成部は、新聞のテレビ欄にあるようなテレビ番組全体の放送時間帯を決定したり、どの時期にどんな番組を放送するかなどを決める、いわばテレビ局内の中枢となる部署の1つです。テレビ局の番組には、バラエティー番組やスポーツ番組、ドラマ、報道番組、情報番組などさまざまなジャンルの番組がありますが、これらの番組を一から企画・立案します。

番組の企画内容はもちろんのこと、番組のタイトル、放送する時間帯、番組制作費の予算をどう使うかなど、番組全体の編成にかかわる仕事を担っているため、テレビ局のほぼすべての部局と関わりを持っています。これらは編成部の大きな役目が「ヒット番組を作る」というところに集約されるためです。そのため、他部署と連携や協力をしながら、より良い番組制作ができる環境を整えていきます。また、視聴率をさまざまな観点から分析するマーケティング的な部署でもあります。そのほか、突発的な災害時などでは、緊急特別番組を放送する決定権を持つのも編成部です。

このように編成部はテレビ局の中枢とも言うべき部署であり、編成部の強いテレビ局が視聴率を取るとも言われています。

番組はこうやって改編される

番組はこうやって改編される

民放各局では、年に2回、4月と10月に大きな「番組改編」を行ないます。番組改編とは、番組の編成はもとより、出演者の変更や番組スポンサーの変更などを必要に応じて変更することです。4月と10月に番組が改編されるのは、年度の上半期・下半期にあたるため、番組スポンサーが広告予算をこの時期に切り替えるためです。また、プロ野球中継が4月~10月頃(日本シリーズなどを除く)を中心としているからという理由もあります。

番組を改編するに当たっては、各番組の視聴率を中心に、同時間帯の他局の番組の動向などを調べ、各時間枠が現状の番組のままで良いのかどうか、存続させるか、内容を変更するか、出演者を変更すべきかなどについて検討していきます。番組を変更する場合には、新たな番組の企画・立案を行ないますが、必ずしもプロデューサーやディレクターが企画・立案をするとは限りません。外部の番組制作プロダクションが企画することもあれば、広告代理店側から企画を持ち込まれることもあります。

新番組の企画は、制作予算やスポンサーの意向、放送回数や具体的な内容などを、プロデューサーや編成担当者、広告代理店、構成作家や脚本家たちが参加する会議を何度も行い、企画内容を精査していきます。近年では、インターネットやCS、衛星、データ放送など多くのマルチメディアがあるため、さまざまなメディアと連動する番組企画が生まれています。