施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

テレビ局特有の部署や仕事「制作部」



毎日、テレビで流れる番組を実際に制作しているのが、制作部です。制作部は局内の自主制作番組に関して、まさに番組作りの中心的存在で、テレビ局で働きたい人にとっては花形の部署と言われています。

テレビ局の花形部署、制作部

テレビ局の花形部署、制作部

テレビ局内ではアシスタントディレクター、ディレクター、プロデューサー、チーフプロデューサーといった人たちが制作部で働いていいます。テレビ局内ではこれらの職種の人たちを、アシスタントディレクター=AD、ディレクター=D、プロデューサー=P、チーフプロデューサー=CPといった略称で呼ぶことが多いです。

同じ肩書きでも、テレビ局では、情報番組やバラエティー、ドラマ、アニメ、報道番組など多岐にわたるので、その仕事内容はさまざま。もちろん、ドラマやバラエティーでは制作方法が違います。ドラマのディレクターは、映画でいうところの監督に当たります。バラエティー番組のディレクターは演出や企画という役割を担っており、情報番組やバラエティー番組などの海外ロケにおいては、カメラを任されることもあります。

このように番組の違いで役割や仕事内容が違うのもテレビ局の制作部の特徴です。また、制作部では、番組収録の他にも、番組の企画や番組内のコーナーの企画・立案、そのほかにも会議や番組編集に至るまで、番組づくりのすべてに関わっているため、非常に多忙な部署としても知られています。

番組収録が深夜にまで及んだりすることも少なくなく、徹夜になることもあるため、体調管理もディレクターの大切な仕事の1つと言えます。

テレビ局の制作部で働くには?

テレビ局の制作部で働くには?

テレビ局の仕事の中でも志望者が多いのが制作部です。やはり、テレビ局で働く以上、面白い番組を作ってみたいという動機の人が多いのは当然。しかしながら、テレビ局に入社した場合、すぐに希望通りの部署に配属されるわけではありません。テレビ局には、制作部のほかにも営業部や経理部といった一般企業にもよくあるセクションがあるため、制作部に配属されるとは限らないからです。

また、テレビ局でも中途採用を行なうことがありますが、制作関連の募集職種は、技術職や美術職がほとんどです。そのため、テレビ局でのディレクターやプロデューサーを目指す人はやはりテレビ局に新卒入社するという道が本筋となります。また番組制作会社では、中途採用からでもアシスタントディレクターやディレクターといった職種を目指すことができます。