施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

テレビ局特有の部署や仕事「営業部」



ここでは、テレビ局における営業部について紹介します。

スポンサーと一心同体であるテレビ局の営業マン

スポンサーと一心同体であるテレビ局の営業マン

NHKを除く、民放各局の主な収入源といえばCMです。CMのスポンサーフィーを稼ぐためにテレビ局にはCMを流す「時間」を売るために営業部があります。テレビCMという"広告を売る"という観点からは広告代理店の営業とかなりにているところもありますが、テレビ局の営業部では、提供番組におけるスポンサーの取り付けや広告代理店と協力して一般企業などにCMの時間枠(スポット)をセールスすることがメインの業務となります。

仕事内容は似通っているものの広告代理店との違いは、テレビ局の営業部がメーカーの営業とたとえるなら、広告代理店の営業は販売代理店といったところです。

全国放送を行なう在京キー局の営業部の場合は、スポンサー企業の宣伝部とも密接な関係にあり、企業の宣伝・広告・メディア戦略に関わることも少なくありません。また、現在のテレビCMのメインストリームであるスポットCM(時間指定のないCM)のプランニングもテレビ局の営業部の重要な仕事のひとつで、市況の調査や視聴者の動向、放送時間帯の年齢層といったメディア・マーケティングの要素の高い業務も担っています。

そのほかにも、放送事業における重要な役割を担っており、例えば、正しくCMが放送されたことをスポンサーに伝える「放送確認書」の発行や請求書の発行といった事務処理業務などの仕事を行なっています。また、CMの内容が放送基準に合うかどうかをチェックするのも営業部の仕事のひとつです

CM以外のセールスも行なうのがテレビ局の営業

CM以外のセールスも行なうのがテレビ局の営業

テレビ局の営業部では、CM以外にも、スポンサー企業がかかわるイベントの企画・立案を行なうこともあります。テレビ局の営業部が企画を立て、イベント全体をプロデュースすることも多く、例えばコンサートとテレビ放送との連携やスポーツイベントの共催などがそれに当たります。営業部における社員の企画や提案がそうしたイベント企画のイニシアチブを発揮することも多いため、局内というよりは局外での活躍が目立つというのがテレビ局営業部の特徴です。

イベント以外では、プレイガイドといったPR番組やミニ番組におけるスポンサーの取り付けや「インフォマーシャル」と呼ばれる番組内における宣伝コーナーのような番組に関わることも多く、地方局では営業部がスポンサーと考案した番組が制作されることもあります。

そのほかにも、権利(ライツ)事業やWeb事業などにも関わることがあり、テレビ局の経営の全般的なことに関われるのが営業部で働くことの醍醐味でもあります。