ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
テレビ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

テレビ局情報

解説委員とキャスターの違い



ここでは、テレビ番組で見かける解説委員とキャスターの違いについて紹介します。

解説委員ってどんな人?

解説委員ってどんな人?

報道番組やニュース系の情報番組では、さまざまなコメンテーターが時事問題について議論をしているのをよく目にします。その際、その議論のまとめ役として、解説コメントを発言するのが「解説委員」と呼ばれる人たちです。解説委員とは、主に報道局でリポーターやニュースキャスターなどを長年務め、キャスターとして優秀だった人だけが付くことのできる上級役職です。ほとんどの解説委員はテレビ局の社員で、その多くが局長や役員クラスといった要職に就いています。そのため、解説委員のコメントは通常のニュースキャスターよりも発言責任を重く捉えられています。

解説委員は報道番組などでは司会を務めることも多く、アナウンサーと混同されることもありますが、職業的には、政治・経済の分野における報道スペシャリストということになります。その番組において、時事問題の本質を視聴者に分かりやすく解説をすることが大切な役割です。また、解説委員は、本人独自の視点によるニュースの切り口を求められることが多いため、テレビ局の報道志向を象徴するような存在と考えられることも多いですが、自身の主義・主張を語ることはなく、あらゆる角度から時事問題の本質を突く意見としてまとめることが、仕事の重要な役割となります。

一方、ニュースキャスターは解説委員と同様に報道・情報番組の司会を務めることが多いですが、詳細な解説を加えていくというよりは、ニュースを整理して伝えたり、コメンテーターらの議論が上手く回るように切り盛りする役割の方に比重があります。それだけ、解説委員の報道的役割は重要で、ニュースや報道番組を見る時には、解説委員のコメントに注意して見れば、報道されている時事問題の背景や問題点などが分かりやすくなることでしょう。

意外と知られていない論説委員と解説委員の違い

意外と知られていない論説委員と解説委員の違い

テレビ局の解説委員の仕事や役割は先述の通りですが、そのほかによく見聞きするのが「論説委員」の存在です。それでは、論説委員と解説委員はどのように違うのでしょうか?その答えは、解説委員はテレビ局の社員ですが、論説委員と呼ばれる人たちは、新聞社の社員です。論説委員は主に、新聞の社説を書いたり、新聞内で重要なコラムを書いている人たちで、新聞記者の中で最も地位が高い役職でもあります。ただし、論説委員の人が時折、テレビの報道番組に出演し、ニュース解説をすることがあるため、論説委員と解説委員の違いはあまり知られていません。