施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

テレビ局のアナウンサーになるには



ここでは、人気の職業であるアナウンサーになるまでの道のりを紹介します。

競争倍率は1,000倍超の超難関の職業

競争倍率は1,000倍超の超難関の職業

テレビ創設期の時代から、男性や女性を問わず憧れの職業として人気のアナウンサー。ニュースを読む、司会やアシスタントとしてバラエティー番組に出演する、スポーツ中継の実況をする、ナレーションをする…、アナウンサーと一口に言ってもさまざまな仕事があります。

アナウンサーには、「局アナ」と呼ばれるテレビ局やラジオ局の社員という場合と、芸能事務所などに所属するフリーアナウンサーの2通りの種類があります。どちらの場合も、特別な資格などは必要ありませんが、アナウンサーとして就職・デビューするには大変厳しい関門をくぐることになります。局アナの場合には、採用枠も一般職と比べて非常に少ないため、競争倍率が1,000倍を超えることも珍しくありません。また、新卒・第二新卒以外の中途採用を行なうテレビ局はほとんどないので、転職へのチャンスも非常に少ないというのが実情です。

また、近年では、大学のミスコン出身の女性アナウンサーが増えましたが、大学のミスコンで審査される知性や容姿の優秀さが、就職試験においてそれ以外の人よりも優位点になっているというのが実情で、コンテストとテレビ局の人事がつながっているというわけではありません。

アナウンサーになるまでの道のり

アナウンサーになるまでの道のり

アナウンサーへの道のりは、まず「四大卒」が最初のハードルとなります。テレビ局の採用条件が「4年制大学または大学院修士課程を卒業・修了見込みの人」というところがほとんどだからです。ただし、有名大学を卒業していないとアナウンサーにはなれないというのは事実ではありません。採用試験の過程でアナウンサーとしての資質が認められれば、どの大学出身でも在京キー局に入社することは可能です。

採用試験の過程は、概ねのどこのテレビ局も「webエントリー」から始まります。その後、エントリーシートによる書類選考が行なわれ、複数回の面接試験へと進むというのが大まかな流れです。東京にあるキー局や関西にある準キー局では、書類選考、1次面接後には講習会を開催します。講習会ではカメラテスト、ニュースの原稿読みなど実地的な試験が行なわれます。その後は、2次、3次面接(場合によってそれ以上の面接)を経て、最終となる役員面接に合格すれば内定となります。

また、フリーアナウンサーを目指す場合は、局アナから独立する道のりのほかに、プロダクションに所属しながら、アナウンス・スクールなどでアナウンサーとしての能力を磨き、イベントの司会などの仕事をこなしながら、テレビ番組への出演を目指すというパターンもあります。

アナウンサーとしての能力を磨くアナウンス・スクール

アナウンサーとしての能力を磨くアナウンス・スクール

アナウンサーを目指す人の多くが通う、"アナウンサーの予備校"アナウンス・スクールは、放送局が主催するものと、独自のアカデミーによるものと2つの種類があります。また、テレビ局が短期集中で開催するアナウンス・セミナーは、採用試験とは切り離されて考えられていますが、多くの人がそのまま採用試験を受験するので、アナウンサーとしての能力などをチェックされている場合がほとんどです。