施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

様々なテレビ局「ケーブルテレビとは」



テレビの電波が届きにくい山間部や離島などでも快適にテレビを見られるよう、通信ケーブルを敷設して番組を届けようと始まったのがケーブルテレビです。

都心部外のテレビ放送を支えることから始まったケーブルテレビ

都心部外のテレビ放送を支えることから始まったケーブルテレビ

日本におけるケーブルテレビの歴史は意外にも古く、1955年に群馬県の伊香保温泉地区に開設された有線放送共同受信施設がその始まりです。その後、都市部のマンションや集合住宅などの共同受信設備として発展してきました。今日では約1800万世帯で利用されるようになり、広く認知されています。

ケーブルテレビの仕組み

ケーブルテレビの仕組み

ケーブルテレビは「CATV(コミュニティ・アンテナ・テレビジョン)」と呼ばれています。一般のテレビは電波を受信していますが、ケーブルテレビは文字通りケーブル配線を通じて受信しているため、「有線放送」と呼ばれることもあります(ラジオの有線放送は除く)。

ケーブルテレビ会社は地上波や衛星放送などあらゆるテレビ放送を受信し、地下ケーブルを延ばして各家庭へとつなぎます。それと同時にインターネット・ケーブルもつなぐため、ケーブルテレビとインターネットを同時に申し込む人が多くなっています。

ケーブルテレビの特長とさまざまな利点

ケーブルテレビの特長とさまざまな利点

ケーブルテレビの特長は、家庭における電波障害を受けにくいことです。これは、ケーブルテレビ会社が良好な電波で受信した映像を、有線(ケーブル)を利用して家庭に届けているからです。電波の受信状態によって映像の質に変化が出る衛星放送やBS・CS放送の場合でも、常に良好の画質で楽しむことができます。また、BS・CS放送のためのアンテナの購入・設置が不要であることも、ケーブルテレビが支持される理由のひとつです。

なお、ケーブルテレビの場合には、テレビ放送以外にもインターネットやIP電話も同時に申し込むことができます。民放のテレビ番組、BS・CS放送の番組、インターネット、IP電話もすべて利用したいという人にはとても便利なサービスではないでしょうか。

一方、NHKもケーブルテレビで受信することが可能で、ケーブルテレビの利用とNHKの衛星受信料を一括で支払うと、NHKの衛星受信料を単独で契約するよりも割引されるという制度もあります。

さらに、ケーブルテレビ会社では自主放送も行なっており、ケーブルテレビならではの地域に特化した番組が人気です。

より良い画質で楽しめるテレビ放送や特徴的な自主放送、さらにお得なサービスなどで多くの世帯に支持されるCATV。その名の通り、コミュニティーに根ざした総合的なテレビということが言えるでしょう。