施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

テレビ番組ができるまで



いつテレビをつけても、どこかの局でなんらかの番組が放送されているテレビ。あれほど大量の番組を、テレビ局ではどうやって作っているのでしょうか。番組の制作はテレビ局や番組ごとに少々違いがありますが、ここでは、バラエティー番組や情報番組などについての制作の流れを紹介します。

バラエティー番組や情報番組は会議が勝負の分かれ目

企画会議
企画会議

バラエティー番組や情報番組では、毎回または定期的に「企画会議」を行なうことから始まります。企画会議は、プロデューサーらが提出する企画書をもとに、編成プロデューサーや営業担当者らテレビ局側のスタッフが放送スケジュールや放送期間、制作費などについて話し合います。ここでの決定が番組の大きなコンセプトとなります。

制作会議
制作会議

番組がおもしろくなるかどうかの重要なポイントは、制作会議です。企画会議で決定された事項をもとに、番組制作会社、カメラマン、構成作家、出演者らが実際のカメラワークや演出、出演者の動きなどについて話し合います。ここでは、構成作家が考える番組の展開がおもしろさを左右していきます。会議の内容は、誰がどのタイミングでコメントを発し、どういうアングルで撮るか、など細部に渡ります。そのため、制作会議は何度も繰り返し行なわれることも多いようです。そして、この会議で決まったことや収録の段取りは、台本や構成表などにまとめられます。

番組の収録・撮影
番組の収録・撮影

台本や構成表がまとまると、番組ディレクター(テレビ局側のディレクターの場合もあれば、番組制作会社のディレクターが務める場合もあります)が制作スケジュール表をもとに、スタジオでの収録や取材を行ないます。屋外やお店などでロケを行なう場合は、アシスタントディレクター(AD)らが"ロケハン"(ロケをするための下見)を事前に行ないます。

編集
編集

収録が終わると、番組の放送時間に合わせてVTRを編集します。放送中に挟むCMの量や時間に合わせて実質の放送時間が決まるので、それに合わせて編集をしていきますが、番組のつながりが自然になるようにしていくのが、編集者の腕の見せどころです。

完パケ
完パケ

編集がすべて終わると、字幕(スーパーやテロップ)を付けたり、BGMや効果音などのMA(Multi Audio)を加えたり、ナレーションを吹き込んだりして、放送と同様のVTRに仕上げていきます。このVTRのことを「完パケ」と呼びます。完パケは、編成局でCMと放送時間の長さが合っているかなどをチェックした後、放送部へとテープが送られます。