ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
テレビ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

テレビ局情報

テレビCM制作の流れ



テレビ番組の合間に放送されるコマーシャル(CM)は、企業の製品や商品、企業や団体自体を多くの人に知ってもらうための映像広告です。企業や製品、サービスなどのイメージを15秒または30秒で視聴者に伝えなければいけないため、とても工夫して作られています。

なお、テレビCMの制作に携わるのは、テレビ局から依頼された広告代理店と、スポンサーである企業(広告主)です。実は、広告主とテレビ局が直接やりとりすることはあまりないのです。ここではCMの制作過程をご紹介します。

広告代理店と映像制作会社が活躍するCM制作

オリエンテーション、プレゼンテーション
オリエンテーション、プレゼンテーション

広告代理店はテレビCMへの出稿を考えている広告主に対し「どんなCMを作りたいか」「どんな人に効果のあるCMにしたいか」をヒアリングするためのオリエンテーションを行ないます。またオリエンテーションでは、広告主による企業や商品の説明も行なわれます。その後、広告代理店側は制作費やスケジュール、絵コンテなどでCMのコンセプトや企画意図などを説明するプレゼンテーションを行ないます。

企画の決定
企画の決定

広告主によっては、コンペ形式で複数社による企画のプレゼンテーションを行なう場合があり、広告代理店も複数の企画を提出することがあります。広告主はその中からベストなものを選び、発注することになります。

撮影
撮影

決定されたCM企画をもとに、広告代理店は映像制作会社に撮影の段取りを指示します。タレントなどの調整や詳細な絵コンテ、撮影スケジュールなどが決まると、広告主に撮影の日程が連絡されます。撮影はスタジオであったり、ロケであったりとさまざまで、1日で終わるものもあれば数日かかる場合もあります。

編集・試写
編集・試写

撮影が終わると、演出コンテをもとに映像を編集していきます。ナレーションやジングルなどの音声を挿入したり、会社のロゴや商品画像などを付け加えたりするのもこの段階で行ないます。編集が終わると、広告主とともに試写を行ないます。広告主はイメージしている通りにCM映像が仕上がっているかをチェックし、広告主からの要望があれば、その場で映像を編集し直すこともあります。

納品
納品

仕上がったCM映像は広告主およびテレビ局に納品されます。しかし、納品されるまでに広告代理店と広告主の間で、予算に合わせてどのテレビ局のどの時間帯でCMを放送するかを決定しなければいけません。放送時間帯や番組によって広告料は変わってくるので、この協議に一番時間がかかる場合もあります。