ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
テレビ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

テレビ局情報

広告代理店の役割



広告代理店とはそもそもどのような役割があるのでしょうか。ここで詳しく見ていきましょう。

広告主のブレーンとなって企業を成功に導く

広告主のブレーンとなって企業を成功に導く

例えばCMを放送するだけであれば、広告主は映像制作会社に制作を依頼し、テレビ局の営業と広告料の相談をして映像素材を搬入すればよいので、わざわざ広告代理店を利用する必要などないと思う人もいるかもしれません。しかしこれらの作業は、広告業に精通していなければこなすことができない難しいものです。視聴者や利用者を引き込む効果的なCMを作り上げるには、有効な広告の出稿方法や主要ターゲットをどの層に置くのかなど、専門的な知識と経験が必要になるからです。

このように広告代理店は、専門性の高い作業を行ない、そのCMによってどのように企業の売り上げに貢献するかが重要な使命です。そのためテレビCMにおいても、広告代理店はテレビ局との密接な関係を持ち、制作から放送までを円滑に行なうことが重要な役割となっています。つまり、広告代理店は企業の広告戦略におけるブレーンを兼ねた会社ということになります。

多様化・細分化される広告代理店の姿

多様化・細分化される広告代理店の姿

テレビCMにおける広告代理店の役割は上記の通りですが、すべての広告代理店がテレビ局と密接な関係を持っているわけではありません。テレビを含め、新聞や雑誌などあらゆるマスメディアに対応できる広告代理店は、実は数少なく、「総合広告代理店」と呼ばれます。いわゆる首都圏に本社を置く大手広告代理店がそれにあたり、電通博報堂アサツーディーケー(ADK)東急エージェンシー、大広などが挙げられます。また広告代理店には、マスメディア以外での広告に特化した会社もあります。例えば、鉄道の駅などの看板広告やインターネット広告などで、それらの会社を総称して「専門広告代理店」と呼びます。

インターネットの普及により、現在では、総合広告代理店によるインターネット広告への注力が目立ちます。そのためテレビCMなどにおいても、テレビCMから企業のホームページや商品・ブランドなどの特設ホームページへ誘導するパターンのCMが頻繁に作られるようになったほか、逆にホームページにおいてテレビCMの紹介をするなど、非常にさまざまな広告展開が考えられるようになりました。さらに、ソーシャル・ネットワーキング・サービスやスマートフォンなどの普及によって、一度に多くの人に宣伝をする「マス」の考え方から、ターゲット層をより細分化して個人個人に有益な広告を配信する「個」の考え方へと比重が変わってきています。

こうした広告代理店が提案する新しいアイデアが世の中の動きを反映し、ムーブメントを作ることも少なくありません。