ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
テレビ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

テレビ局情報

視聴率の三冠王



「三冠王」と聞くとプロ野球の打者における、打率、本塁打、打点の部門でいずれも1位になることですが、テレビ局にも「三冠王」というのがあります。では、テレビ局の三冠王とはなにを表しているのでしょうか?

野球でもテレビでも目指すは三冠王!

野球でもテレビでも目指すは三冠王!

ご存知の通り、テレビ局では視聴率がテレビ局の人気および実力を示す指標とされています。そのため、テレビ局にとって高い視聴率を獲得することはとても重要です。各番組の視聴率ランキングは毎日のように発表されているので、一般の人も、どの番組が高い視聴率を誇っているのを簡単に知ることができます。

しかし、テレビ局という単位での視聴率の高さは、テレビ雑誌などを見ない限りなかなか知ることはできません。そこで「どの局が年間を通じて視聴率が高かったのか」を計ろうと、各テレビ局が動き始めました。これが「三冠王」の始まりです。

基本的に三冠王を競い合っているのは民放のテレビ局で、NHKは三冠王争いには入っていませんが、大河ドラマなど視聴率の高い番組を放送しています。

テレビ局が競い合う三冠王の計測方法とは?

テレビ局が競い合う三冠王の計測方法とは?

テレビ局ごとの年間視聴率を競い合うことが、なぜ「三冠王」と呼ばれているのか。それは"3つの時間帯に分けて全体の視聴率を計測する"という方法に由来があります。

この3つの時間帯とは、午前6時から深夜12時までを指す「全日」と、午後7時から午後10時までを指す「ゴールデンタイム」、そして午後7時から午後11時までを指す「プライムタイム」です。

3つに分かれている理由は、「全日」では1日全体でどれくらいの視聴率があるのかを計るため、「ゴールデンタイム」と「プライムタイム」ではテレビを見る人が1番多い時間帯での視聴率を計るためです。

ゴールデンタイムとプライムタイムの違い

ゴールデンタイムとプライムタイムの違い

わずか1時間の差しかない「ゴールデンタイム」と「プライムタイム」。その大きな違いは、視聴者の年齢層です。

まず「ゴールデンタイム」というのは、日常生活において家族が一番テレビを見るとされており、日本では最もコアな時間帯とされています。主に子ども向けのアニメや家族向けのバラエティー番組などが放送されています。

一方「プライムタイム」は、「ゴールデンタイム」に加えて、報道番組や大人向け番組などが放送されることが多い夜10時から深夜までを含めた形となっています。

ただし、午後11時からは深夜枠(午後11時から翌午前1時)とされ、「プラチナ」という時間区切りになっています。この深夜枠では高い視聴率を取ることは難しく、「ゴールデンタイム」や「プライムタイム」のようにCMの広告料金が高いわけではないので、視聴率の三冠王には含まれていません。