ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
テレビ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

テレビ局情報

著作権とは



音楽や映像、写真や建築など、思想又は感情を創作的に表現した物と、その著作者の権利を守る著作権。いろいろな場面で耳にすることが多く、もっともポピュラーな権利のひとつではないでしょうか。ここでは、そんな著作権について説明したいと思います。

創作物を守るための2つの権利

創作物を守るための2つの権利

著作物や著作者の権利を守る著作権は、人格的な権利を守る「著作者人格権」と財産的な利益を守る「財産権」の2つに分けることができますが、その両方において「写真・映像・絵画・文章・音楽などあらゆる創作作品を許可なく勝手に利用し公表すること」を禁じています。なお、著作権は、創作された時点で発生する権利ですので、著作権を獲得するための公的手続きなどは必要ありません。

さて、当たり前のことですが、著作権は作品の著作者がその権利を持つというのが基本的な考えです。しかし、作品を誰かに譲渡した場合においては著作権も同時に譲渡される場合があります。また、作品自体が個人またはチームによる創作だった場合においても、著作権が会社に帰属する場合もあります。ただし、単なる事実(ニュース報道)やアイデアなどについては著作権では保護されないため、形にすることが重要です。

著作権を守るためには、作品などに「コピーライト」という印を入れる場合があります。「コピーライト」は出版物・印刷物などによく見られる、Cをまるで囲んだ「?」のマークのことです。

テレビ番組も著作権で守られている

テレビ番組も著作権で守られている

テレビ番組においてもさまざまな著作権が発生していることは、あまり知られていません。テレビ番組では、ドラマの脚本や原作、ドラマのために作られた音楽といったものが著作権物にあたります。また、ドラマを制作した番組制作会社や出演した俳優、音楽を演奏した人などには、著作人格権があります。

また、著作者ではないものの、著作物の伝達に重要な役割を果たしている周辺の人々にも著作権が認められる場合があります。これは「著作隣接権」と呼ばれるもので、テレビ番組について言えば、「放送事業者」「有線放送事業者」「レコード制作者(番組の主題歌など)」がこれに当たります。

著作権の処罰

著作権の処罰

では、著作権に関する処罰はどのようなときに行なわれるのでしょうか。

私たちにもっとも身近なのは、録画したテレビ番組の二次使用。例えば、許可なく販売したり、インターネット上に公表した場合などです。

ただし、学校などの公的教育機関においては、役に立つ番組などを先生が録画をして、授業の中で生徒に見せるといったことは例外とされています。

著作権者の許諾を得ず、無断で著作物を利用することは「著作権の侵害」です。著作権の侵害はれっきとした犯罪であり、違反をすると懲役刑や罰金刑などの罰則が与えられますので、気をつけましょう。