ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

放送禁止用語について



テレビでは不特定多数の人が視聴しているため、その放送内容や出演者の発言において重大な責任があります。そのためテレビ局側では放送で使う言葉や表現方法に気をつけており、「放送禁止用語」が定められています。

人権を守り、健全な番組にするための放送禁止用語

人権を守り、健全な番組にするための放送禁止用語

憲法で定められている「表現・言論の自由」はすべての人に保証されていますが、何もかもが自由になっているわけではありません。電波法第1条にも明記されている「公共の福祉の増進」の下、中立であり健全な番組をつくり、公序良俗に則した内容でなければなりません。

そのため、日本のテレビ番組では差別的(人種・民族差別や職業差別、性的身体的差別など)であったり侮蔑的、卑猥である言葉や表現などをオンエアしないように規制しています。そして、これら規制している言葉や表現のことを「放送禁止用語」または「放送コード」と言います。テレビの場合、発言だけではなく映像にもこうした放送上問題のある表現を含まないように気をつけています。

このように、テレビ局は「放送禁止用語」を設けることで、人権を守ったり、視聴者が不快にならないように努めているのです。

テレビ局による統一された放送禁止用語はない

テレビ局による統一された放送禁止用語はない

テレビでトーク番組などを見ている時に、時々「ピー」という音がかぶさり、その部分が聞き取れない場合があります。また、バラエティー番組などで裸の一部にモザイクや画像がかぶさり隠されているものもたまに見かけます。これらは放送上問題のある発言や映像(放送禁止用語)を映さないようにしているものですが、実は、放送禁止用語は放送業界で統一されたリストなどがあるわけではありません。テレビ局や番組担当者がその都度、放送倫理に照らして、問題がある場合には自粛や自主規制をするようになっています。

こうした放送規制については時代を経て、より人権を尊重するもの、差別を禁止するものとなってきました。そのため、過去には放送できていた言葉や映像などが現在では放送できないものもあるため、過去のアーカイブ映像や昔のアニメなどにおいては放送上でモザイクがかけられたり音声が途切れたりすることがあります。

また、編集が可能な収録番組の場合には画像や消音処理が可能ですが、生放送の番組では間違いや周知されていない言葉によって放送コードに触れる場合などがあり、その時には番組の司会者などが発言についてのお詫びをすることがあります。

このようにテレビ局や番組によって放送禁止用語が規定されていないのは、上でも紹介した「表現・言論の自由」が尊重されているためです。欧米では放送禁止用語リストや規則条項などを設けている国もあります。