施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

dボタンの使い方



地上派デジタル放送のスタートと共に誕生した、データ放送。それを楽しむための「dボタン」の便利な使い方をご紹介します。

テレビをもっと楽しくしてくれる「dボタン」

テレビをもっと楽しくしてくれる「dボタン」

2011年7月からスタートした地上波デジタル放送にあわせて、テレビを薄型のハイビジョンテレビに換えた人も多いかと思います。デジタル放送ではデータ放送という新たな形態があり、テレビ番組を見ながら天気予報や交通情報などのデータ通信を行なうことができます。まるで、テレビにパソコンのインターネット機能が追加されたような感じです。こうしたデータ放送はテレビ局や番組などによってコンテンツはさまざまですが、なにより試さない手はありません。

薄型のハイビジョンテレビをお持ちの方なら、リモコンに「d」というボタンがあるのをすぐに発見できるでしょう。これがデータ放送を楽しむための「dボタン」です。番組を見ているときにこれを押すだけで、さまざまな情報をリアルタイムで得ることができます。

番組によって楽しみ方はそれぞれ

番組によって楽しみ方はそれぞれ

「dボタン」を押すだけという簡単な操作で楽しめるデータ放送ですが、番組のジャンルに合わせたさまざまな情報が掲載されています。

情報番組などを見ている時には、あなたがお住まいの地域のニュース、当地の天気予報、高速道路の渋滞状況などが表示され、バラエティー番組の時には、番組内で紹介された料理のレシピやタレントの情報などが表示されます。またドラマを見ている時には、前回までのあらすじや登場人物の相関関係図などが、スポーツ中継では選手の戦績などが表示されます。

このようにデータ放送は、便利な情報を知ることができるコンテンツとしてだけではなく、視聴している番組をより良く知るための重要な要素となっているのです。

インターネットをつなげることで、データ放送がより便利に

インターネットをつなげることで、データ放送がより便利に

データ放送をさらに楽しむなら、テレビにインターネット・ケーブルをつなぐことをおすすめします。こうすることで視聴者が情報を発信できる双方向機能が使えるようになり、テレビから発信されるさまざまなイベントに参加することができるようになります。

例えば、年末恒例のNHK紅白歌合戦では投票に参加することができますし、クイズ番組では視聴者も参加することも可能になります。また、ドラマを見ながら主要キャストのインタビューを見たり、子ども向けの番組ではテレビでゲームを楽しむこともできます。さらに、ショッピングができるテレショップ番組では、実際に買い物までできてしまいます。

テレビの存在価値を「ただ番組を観るもの」から「観て、使って、楽しむもの」にしたデータ放送。今後も便利さを増していきそうです。