施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

ワンセグとは



携帯電話やスマートフォンを利用して、外出先でもお手軽にテレビ放送を見ることができる便利な機能、ワンセグについてご紹介します。

テレビをいつでも!どこでも! ワンセグの魅力

テレビをいつでも!どこでも! ワンセグの魅力

「ワンセグ」とは、地上デジタル放送を携帯電話などのモバイル・デバイスで楽しむことのできる移動体向け放送のことで、正式名称は「携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービス」。各テレビ局には、13個のセグメントからなる帯域が1チャンネルとして割り振られているのですが、その内の1セグメントを利用することで、携帯電話でのテレビ番組配信を可能にしたのがワンセグです。なお、ワンセグという通称はこの「1セグメント」からきています。

サービスがスタートしたのは2006年。その後、2011年のアナログ停波に伴い、デジタル化されました。

ワンセグで何よりも便利なのは、携帯電話さえあれば外出先や帰宅途中にテレビ番組を楽しむことができる点です。また、ワンセグでもデータ放送を利用できるので、番組で紹介されたお得な情報やお店のクーポンなども利用できるようになりました。

さらにスマートフォンの普及によって利便性は増し、アプリを使ってワンセグ放送の番組を簡単に録画することも可能になりました。

携帯電話だけじゃない、ワンセグのさまざまな利用法

携帯電話だけじゃない、ワンセグのさまざまな利用法

外出中でも気軽にテレビ番組を見られる「ワンセグ」ですが、携帯電話やスマートフォン以外のデバイスでも利用することができます。例えばカーナビ。現在のカーナビの種類は、地デジチューナー内蔵やワンセグ対応のものが多くなってきました。テレビをカーナビで見るなら地デジチューナーで十分という場合もありますが、ドライブなどで大都市圏を離れた場合や高速道路を走行中の場合には、受信エリアの広いワンセグの方が見やすいということもあります。カーナビでも録画できるので、見たい番組を見逃しにくくなります。

また、タブレットでもワンセグを視聴することが可能です。iPhoneやiPadなどのアップル社製品の場合はワンセグチューナーが必要となりますが、ワンセグチューナー内蔵のタブレットも数多く発売されています。携帯電話では少し画面が小さいと感じる時や、複数人数でテレビを楽しむときなどにはタブレットが便利でしょう。同様にパソコンでもワンセグを視聴することは可能です。

こうしたさまざまなデバイスで楽しめるワンセグは今後もさまざまなテレビの楽しみ方を提供するために、研究・開発が進んでいますので、今後も新しいテレビの楽しみ方が増えていくことでしょう。