施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

ソーシャル視聴サービス「JoinTV」とは



ソーシャルネットワークサービス(SNS)とテレビの親和性が高いことが分かってきた昨今では、テレビによるさまざまなソーシャル・サービス、またはソーシャルメディアによるテレビ関連のサービスが生まれています。その中でも注目されているのが、Facebookとデータ放送を掛け合わせた「JoinTV」です。この「JoinTV」、果たしてどのようなサービスなのでしょうか。

テレビで"ソーシャルする"新感覚サービス

テレビでソーシャルする新感覚サービス

「JoinTV」とは、日本テレビが2012年から始めた「ソーシャルビューイングサービス」です。テレビとSNSを組み合わせた新しいエンターテイメントサービスで、開設当時は世界初のサービスでした。これまでのテレビとSNSの連動としては、テレビを見ながら、スマートフォンでFacebookやTwitterを同時に楽しむというのが主流でした。「JoinTV」の発想は、テレビ自体にFacebookを表示させ、テレビとスマホを分けて使うのではなく、テレビだけで、テレビ番組とSNSを同時に楽しめるようにしたサービスです。

簡単な登録方法

簡単な登録方法

登録方法は3通りです。1つは「スマートフォン参加」で、これはスマホで「JoinTV」のサイトにアクセスし、FacebookまたTwitterでログイン、ユーザー登録をします。2つめは「データ放送参加」で、日本テレビ系列の番組を見ながらリモコンの「d」ボタンを押します。データ放送のメニューから「JoinTV」を選び自身のSNSアカウントを追加します。3つ目は「スマホ+データ放送参加」で、dボタンで「JoinTV」の登録画面まで進んだら、QRコードをスマホで撮影して登録します。利用できるSNSはFacebookとTwitterとなっています。地デジ対応のテレビとインターネットがあれば、スマートテレビじゃなくても利用できます。

楽しみ方はいろいろ、友達を誘おう!

楽しみ方はいろいろ、友達を誘おう!

「JoinTV」に参加するとテレビ画面にSNSが表示されます。例えばFacebookの場合なら、登録後はdボタンを押せば番組の画面の横にFacebookが表示されます。また同時にFacebookの友達リストの中で同じ番組を見ている友達がリストアップされて表示されます。番組を見ている時に「いいね!」を押す(リモコンなら青ボタン)と、友達のテレビには「○○さんがいいね!と言っています」というFacebookでおなじみの表示がテレビ画面上に表示されます。まるで友達と一緒に見ている感覚が伝わってくるのが楽しいポイントです。

また、スマートフォンで「JoinTV」に参加している場合には、LINEのスタンプ機能に似た、コメント・スタンプを使えます。例えば、サッカー中継などを見ていてゴールが決まった時に「やった!」というコメントを入れると、同じく「JoinTV」を見ている友達のテレビ画面にあなたのアイコンにフキダシのような形で「やった!」というコメントが表示されます。これが複数になるとさまざまなコメント・スタンプが寄せられるので、テレビ視聴がとても楽しくなります。そのほかにも番組のプレゼントに応募できたり、番組に参加できたりと、データ放送の活用の幅が広がっています。

このようにSNSとテレビの連動は今後もさまざまなサービスが生まれてくる予定で、今後のテレビの楽しみ方はガラリと変わってきそうです。