ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
テレビ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

テレビ局情報

テレビ番組の録画をYoutubeに
アップするのは違法?



動画共有サービスのYoutube(ユーチューブ)には、1秒間に1時間分の動画がアップされ続けていると言われるほど、動画メディアとして世界最大の規模を誇るサービスです。誰もが気軽にアップロードできるユーチューブですが、どうやらアップロードにはさまざまな規定があるようです。

テレビ番組には著作権があります

テレビ番組には著作権があります

ユーチューブでは、さまざまな動画がアップロードされていますが、ユーチューブの利用規約では、著作権の侵害にあたる知的財産権を侵害したと判断される場合には、該当コンテンツを事前通知なしに削除すると明記しています。これはYoutubeに限らず、あらゆるメディア等で規定されている事項です。すべてのテレビ番組にもちろん「著作権」が発生しますので、Youtubeなどの動画共有サービスに録画したテレビ番組をアップロードし、公開することは違法となります(ただし、公式チャンネルなどは別です)。

そして、この違法行為が非常に多いため、この規制はだんだんと厳しくなってきています。2012年10月1日には、著作権法が改正されました。これまで通り、動画共有サービスに個人がテレビ番組の録画動画をアップロードした場合は、刑法に問われ、10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金(またはその両方)が科されます。それに加えて、そうした著作物をダウンロードした場合にも刑罰が科されるようになりました。

見るだけでも違法なの? -厳格化された著作権法

見るだけでも違法なの? -厳格化された著作権法

実際のところ、テレビ番組など著作権のある動画が違法にアップロードされるという行為は後を絶ちません。そのため、テレビ番組の一部または全部がYoutubeなどで見られてしまうことは事実です。ですから、その"違法動画"を偶然にも見てしまうということは、誰にでもあることといえます。

さて、「Youtubeに違法アップロードされたテレビ番組の録画動画を見た場合」は、先ほどの著作権改正法によって違法になるのでしょうか? 答えとしては、この著作権改正法の範囲では違法にはなりません。この場合の著作権の侵害に当たるのは、録音または録画のことになります。つまり、Youtubeなどでストリーミングとして視聴する分には違法ではありません。しかしながら、ダウンロードをすると違法となります。Youtubeなどの動画共有サービスにはダウンロード機能が付いているサイトもあります。テレビ番組や映画などの違法にアップロードされた動画は、現法では「閲覧は違法ではないがダウンロードすると違法」ということになります。

また、閲覧だけでもパソコンにキャッシュが残るので広義的には違法ではないかという議論が出ています。2012年の改正法ではこれも違法ではないとしていますが、著作権はそもそも、創作した人の財産を守る権利ですので、ストリーミング再生もあまりよろしいこととは言えないようです。ですので、今後も規制が厳しくなることが予想されるので、「違法かな?」と思った動画には近寄らないというのが賢明だといえます。