施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

文化人とタレントでは
テレビ出演料に差がある?



バラエティー番組などで時々公開される芸能人の私生活。売れっ子のタレントともなると豪奢な住まいに高級ブランド品の数々……。きっといい出演料(ギャラ)をもらっているんだとうらやましくなります。ただ、同じ番組に出演している場合でもタレントと文化人では出演料に違いがあると言われています。労働時間は同じなのになぜ差が出るのでしょうか。

文化人ってどういう職業の人を言うの?

文化人ってどういう職業の人を言うの?

テレビに出演している人は芸能人ばかりではありません。例えば報道番組では、経済評論家や政治評論家と呼ばれる肩書きの人たちが出演しているのをよく見ます。こうした人たちをテレビでは便宜上、「文化人」と呼んでいます。文化人とは本来、俳優や歌手といった芸能人の人たちも含むのですが、テレビの世界で文化人と呼ばれる職業は、評論家や小説家といった著作家の人たちのほか画家や写真家、映画監督といった芸術家、大学教授などの学者といった人たちです。こうした職業の人たちは、その分野において専門知識を有しているため、情報番組やバラエティー番組などにおいてタレントがコメントできないような時に、専門化としての視点からアシストしてくれます。こうした文化人の人たちが番組に出演することで番組内容に深みが出てきます。

芸能人はテレビにおける専門職

芸能人はテレビにおける専門職

さて、そんな文化人のテレビの出演料ですが、タレントと比較すると安いというのが通例です。もちろん、タレントでも売れっ子であればギャラも高く、デビューしたてのタレントの場合には極端に安いというのは業界のならわしです。ですので、番組に出演している人の出演料が同じになることはまずありえませんが、文化人の場合は、テレビ番組に出演する以外に「本職を持っている」という場合がほとんどです。そのため、文化人の出演料の相場というのがテレビ業界にはあり、その文化人枠の中から出演料が支払われています。こちらももちろん、人によって異なりますが、文化人の出演料は、"出演料"として払われるよりも「謝礼とお車代」という形で支払われることが多いため、"ギャラが安い"というように言われているそうです。

しかし、最近のテレビでは、文化人の出演機会が増えていくにつれ、次第にテレビ・タレントに転身、または兼業する人も多くなりました。例えば、本業がコラムニストだったマツコ・デラックスさんや医師の西川史子さんなどがそれに当たります。このような人たちの場合には、タレントとしての出演料で支払われることが増えているようです。また、アナウンサーの人がフリーになった場合はどうかというと、これは文化人扱いにはなりません。なぜならばフリーのアナウンサーはほとんどが芸能事務所などに所属し、タレントに近い職業として仕事をするためです。