ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

瞬間最高視聴率を獲得した
テレビ番組と出演タレントは?



テレビ業界の人じゃなくても視聴率の高い番組というのは気になるものです。近年では、インターネットの普及からテレビを見る割合が減ったとされ、視聴率15%というのが「高視聴率番組」の1つのボーダーラインとなっているようです。そんな中、2011年に放送されたドラマ「家政婦のミタ」(松嶋奈々子さん主演)が平均視聴率40%という近年では稀に見る高視聴率を獲得し、話題になりました。それでは、これまでのテレビ史の中で最も視聴率が高かった番組は何かを紹介しましょう。

最も高い視聴率を出したタレントは、五月みどりさん

最も高い視聴率を出したタレントは、五月みどりさん

視聴率は、ビデオリサーチ社が1分間ごとに計測をしています。ビデオリサーチ社は1962年に設立され、同年よりテレビ番組の視聴率の調査を行なっています。ビデオリサーチ社による記録が視聴率の歴史となるわけですが、その中で最も視聴率が高かった番組は、1963年12月31日に放送された「第14回NHK紅白歌合戦」です。平均視聴率はなんと、81.4%を記録! これは日本国民の8割が見ていたということだけでもすごいですが、当時はまだテレビが家庭に1台という時代ではありませんし、紅白歌合戦はラジオでも放送されているため、実質上はテレビをつけていた家庭のほぼすべてが紅白歌合戦を見ていたと言っても過言ではありません。

そんな超高視聴率を記録した「第14回NHK紅白歌合戦」の中でも、瞬間最高視聴率を記録したのが、五月みどりさんが「一週間に十日来い」を歌っている時でした。その瞬間、視聴率は85.3%を記録し、もちろんこれも歴代瞬間最高視聴率の記録となっています。当時の五月みどりさんは、前年の「おひまなら来てね」の大ヒットで2年連続2回目という紅白出場で人気絶頂のころです。大トリである美空ひばりさんよりも視聴率が高かったことを考えると、いかに人気が高かったがうかがえます。

日本人はスポーツ観戦が大好き!

日本人はスポーツ観戦が大好き!

歴代最高視聴率の番組は「第14回NHK紅白歌合戦」でしたが、2位以下5位までを見ると、軒並みスポーツ中継の番組がランクインしています。記録をたどると、第2位は1964年10月23日、東京オリンピック女子バレー・日本対ソ連の66.8%、第3位は2002年6月9日、サッカーワールドカップ・日本対ロシアの66.1%、第4位が1963年6月24日、プロレス・力道山対デストロイヤー、第5位は、ボクシングの世界バンタム級タイトルマッチ・ファイティング原田対エデル・ジョフレとなっています。以下、第6位から第10位までを見ても、6位の連続テレビ小説「おしん」(1983年11月12日)と第9位の「ついに帰らなかった吉展ちゃん」(1965年7月5日・NHK報道)以外はスポーツ中継で、日本の国民がいかにスポーツ観戦が好きかということがよく分かります。