ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
テレビ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

テレビ局情報

最長寿のテレビ番組と言えば?



昔から長く続く長寿番組は、それだけに人気が高い番組だということが言えます。長寿番組には、国会中継や天気予報、大相撲中継、NHKのど自慢大会などNHKの定番番組には長寿番組が揃っていますが、ここでは民放の番組に絞ってご紹介します。

半世紀以上も視聴者を笑わせ続けたバラエティーとは

半世紀以上も視聴者を笑わせ続けたバラエティーとは

「お笑い」を含めたバラエティー番組の中で最も長く続いているのは「よしもと新喜劇」(毎日放送)で、1962年より放送が続いています。50年以上も続いている、このお笑いの王道は、近畿圏を中心に西日本の多くの県にネットされていますが、関東圏ではほとんど放送がありませんでした。関西のお笑いが東京圏に浸透していったのは、80年代前半の漫才ブームとダウンタウンの影響が大きいとされていますが、昔は関西のお笑いを代表する番組と言えば、このよしもと新喜劇でした。オチが分かってても楽しめるおなじみのギャグや、少しほろりとさせる人情味の深い物語で多くの人の心を魅了しています。また、よしもと新喜劇からも全国的なスターが誕生しています。例えば、マラソンランナーとしても有名な間寛平さん、1991年に「~じゃあ~りませんか」で流行語大賞を獲得したチャーリー浜さん、1989年、松田優作さん主演のハリウッド映画「ブラック・レイン」に出演した島木譲二さん、最近では、「人志松本のすべらない話」で人気となった小藪千豊さんなど個性豊かなメンバーがたくさん在籍しています。

気になるあの番組はいつ始まった?

気になるあの番組はいつ始まった?

長寿番組はそのほかにもたくさんあります。例えば、全国放送で最も長く放送されているのは「笑点」(日本テレビ)で、1966年から放送が続いています。放送回数も2006年に2000回を突破し、司会者である三遊亭円楽も2010年に6代目となりました。長寿番組の代表格である「徹子の部屋」(テレビ朝日)は1976年から放送が続いています。クイズ番組の最長寿は、故・児玉清さんの名調子でおなじみの「パネルクイズ アタック25」(朝日放送)で1975年にスタートしました。

不朽の名作アニメはやっぱり

不朽の名作アニメはやっぱり

アニメではやはり、「サザエさん」(フジテレビ)が最長記録を更新しています。1969年のスタート以来、変わらず高い視聴率を維持したまま国民的アニメの代表として放送されています。
2番目のアニメ長寿番組は「ドラえもん」(テレビ朝日)です。こちらもおなじみのアニメですが、1979年にスタートし、声優陣が一新された2005年からを第2期と呼んでいます。
この2大アニメに続くのが「それいけ!アンパンマン」(日本テレビ)、「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ)、「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日)です。これらのアニメもいずれも世代を超えて見られている人気アニメ番組です。