ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
テレビ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

テレビ局情報

テレビで生中継された重大事件簿
「よど号事件」



1970年、共産主義者同盟赤軍派によって起きた、日本初のハイジャック事件「よど号事件」をご紹介します。

日本で初めて起きたハイジャック

日本で初めて起きたハイジャック

よど号事件は1970年3月31日に起きたハイジャック事件で、実行犯は、連合赤軍の前進団体である「共産主義者同盟赤軍派」です。赤軍派は当時、世界同時革命を活動理念に上げ、海外でのベースを模索していました。これを強行するために起きたのが「よど号事件」となります。世界同時革命とは、資本主義経済の上に成り立つ国家は、いずれ経済が停滞し没落していくため、革命を起して共産主義社会を形成する必要があるという考え方です。

ハイジャック発生

1970年3月31日、赤軍派メンバー9人は羽田発福岡行きの日航航空351便(通称よど号)に乗り込みました。離陸後、富士山上空あたりで、犯人は日本刀や拳銃、爆弾などを取り出し日航機をジャック。当時はまだ所持品検査が今ほどではなく、日本ではこの事件までにハイジャック事件が起きたこともなかったため、航空安全において非常な衝撃を与えたとされています。犯人グループは北朝鮮への亡命を目指すとし、進路を変更し北朝鮮に向かうことを要求しました。燃料が足らないとの理由から、給油のために福岡に緊急着陸したハイジャック機の姿がテレビに映し出され、ハイジャックは海外での出来事だと思っていた国民に衝撃を与えました。そこでは、機長の説得により、女性や子どもなど23人が解放、その様子も放送されました。これが午後1時35分のことでした。

管制官が偽装着陸を計画するも失敗

およそ100人の人質を乗せた日航機は福岡から北朝鮮を目指しますが、状況を知らない北朝鮮領内に入った場合には対空砲火による撃墜の可能性がありました。そのため、北朝鮮の平壌ではなく、韓国の金浦国際空港に降りる偽装着陸作戦が行なわれました。飛行する機長を誘導したのは金浦空港の管制官でした。ここでは韓国当局が北朝鮮軍の兵士の服装をしたりするなどして偽装しましたが、犯人グループに見破られてしまい、犯人たちは態度を硬化します。この様子もテレビで放送され、人質の安否がますます危うくなる様子が放送されています。この金浦空港で韓国当局が犯人グループと交渉を行ないましたが、難航しました。韓国当局は強行突入も計画しましたが日本政府の要望により断念、結局丸3日、こう着状態が続きました。

犯人グループは北朝鮮へ亡命

数日間の犯人グループとの交渉により、日本政府は4月3日、山村新治郎運輸政務次官を身代わりの人質となる代わりに、乗客の解放に応じました。乗客の日本帰国の様子はNHKで報道特別番組として放送されました。この後、犯人グループは北朝鮮に亡命、機長、山村政務次官ほか人質は全員無事に帰国し、この帰国の模様もNHKで報じられました。犯人グループはその後、日本人拉致事件に関与したとされる者や望郷の念が拭えず帰国し逮捕される者がでる事態となり、目的であった世界同時革命とは程遠い末路をたどりました。