施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテレビ局情報を無料で検索できます。

ホームメイトテレビ局リサーチ

テレビ局情報

世界の放送形式と映像規格



海外旅行で買ったDVDが見られない、海外旅行でワンセグで現地のテレビを見ようとしたけど見られない、日本の番組を録画して海外で見ようとしたけど見られない。こんな体験をした人もいるかと思います。こういったことはなぜ起こるかは世界の放送形式と映像規格を知っておくことで解決できます。

リージョンコードについて

リージョンコードについて

海外旅行に行った際に現地で買ってきたDVDやブルーレイが見られないということはよくあることです。これは「リージョンコード」といって、ソフトの市場シェアを守るために、利用できる地域を限定するコードのことです。

DVDのリージョンコードは、1.米国、カナダ、2.日本、ヨーロッパ、中近東、南アフリカ、エジプト、3.東アジア、東南アジア、香港、4.オセアニア、中東、カリブ諸国、南米、5.ロシア、モンゴル、南アジア諸国、アフリカ諸国、北朝鮮、6.中国と6つに分かれています。

また、ブルーレイのリージョンコードは、A. 南北アメリカ、東南アジア各国、日本、韓国・北朝鮮、台湾、B. ヨーロッパ、中近東、アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、その他オセアニア各国、C. 中央アジア、南アジア、中国、ロシア、モンゴルの3つに分かれています。

ここで注意したいのは、ブルーレイの場合、同じリージョンの場合でも再生できない場合があります。またDVDの場合は、同じリージョンであれば再生できると思いがちですが映像方式(後述)によって再生できない場合があります。ただし、DVDの場合はソフトによっては、リージョンフリーというすべての地域で再生できるものもあります。

映像方式 - NTSC方式とPAL方式

映像方式 - NTSC方式とPAL方式

DVDではリージョンコード+映像方式が合致していないと見ることができません。映像方式は地域別に3つに分かれています。「NTSC」は日本、アメリカ、カナダ、「PAL」はイギリス、ドイツ、オーストラリア、シンガポール、中国、スペインなど、「SECAM」はフランス、ロシア、東ヨーロッパなどです。

このため、例えば、ヨーロッパに旅行した際に、現地でDVDショップなどで掘り出し物の作品を発見した場合はパッケージの裏側をチェックしてください。リージョンコードを確認すると日本と同じ「2」だからといって、PAL方式の場合は、通常、見ることができません。しかし、現在では、DVDプレーヤー自体がリージョンフリーになっているものやPAL方式をNTSC方式に変換してくれるプレーヤーもあるので、海外の現地の話題作などをこまめにチェックしたい、最新作が日本に輸入される前に見たいという人はプレーヤーの購入から気を配っておけば、見られる作品がグッと増えることかと思います。

特に、海外のDVDは、言語切り替えで日本語字幕が設定されていないものがほとんどですので、そちらも気をつけておきたいところです。